簿記会計TOP > 経営> 三角合併

三角合併

質問で~す。

三角合併ってなんでしょうか?


それはですね~

三角合併とは、会社を合併する際、消滅会社の株主に対する対価として、存続会社の株式ではなく、存続会社の親会社株式を交付する合併のことをいいます。

これにより、外国企業による日本企業の子会社化が加速するいわれています。

子会社が親会社株式を対価として他の企業と企業結合する場合の取得と持分の結合の識別は、当該親会社と当該他の会社との結合とみなして行います。


無料メールセミナー


■すでに3000人以上が受講!


« デリバティブ | 簿記会計教えてネット