簿記会計TOP > 経営> デリバティブ

デリバティブ

質問で~す。

デリバティブってなんでしょうか?

それはですね~

デリバティブとは、金融派生商品のことをいいます。

金利や為替、株式などの従来から存在する金融商品から派生して開発された金融商品のことです。

デリバティブ取引の代表的なものに

①先物・先渡取引
②スワップ取引
③オプション取引

があります。

①先物取引とは、株式・債券・金利等の商品を、将来の一定の期日に、現時点で取り決めた価格で取引することを約束する契約。

②スワップ取引とは、将来のキャッシュ・フローを交換する取引をいう。交換の対象となるのは、金利や通貨等のキャッシュ・フローであり、交換されるものにより、通貨スワップや金利スワップとよびます。

③オプション取引とは、金利や通貨、株式等の金融商品を、将来の一定の期日(権利行使日)に特定の価格(権利行使価格)で買い付ける、または売りつける権利を売買する取引をいいます。
ちなみに、買い付ける権利コール・オプション、売りつける権利をプット・オプションという。


無料メールセミナー


■すでに3000人以上が受講!


« 証券化 | 簿記会計教えてネット | 三角合併 »