簿記会計TOP > 会計処理> 収益認識基準

収益認識基準

質問で~す。

売上の計上基準には、複数の方法があると聞いたことがありますが、どのような基準があるのでしょうか?


それはですね~

売上の計上基準としては、商品を引き渡した時に売上をたてる「販売基準」、割賦販売において代金回収時に売り上げをたてる「回収基準」、不動産の賃貸料やコンサルティング料の一部など、時間の経過とともに売上をたてる「時間基準」などが、よく見られます。このほか、建設業の場合は、長期の請負工事において、工事の進み具合に応じて少しずつ売上をたてる「工事進行基準」と、工事が完成し、引き渡しが完了する時まではいっさい売上をたてない「工事完成基準」というものもあります。実務的には、企業の実態に合わせた売上計上方法を決めることが重要ですね。


無料メールセミナー


■すでに3000人以上が受講!


« 借入金と社債の違いを教えてください。 | 簿記会計教えてネット | 株主総会 »