簿記会計TOP > 会計処理> 借入金と社債の違いを教えてください。

借入金と社債の違いを教えてください。

質問で~す。

負債の部に表示されている借入金と社債の違いを教えてください。


それはですね~

借入金とは、金融機関や取引先など、第三者との間で借用証書などを交わして金銭を借り入れる行為のことです。通常は、金銭消費貸借契約を交わします。これに対し、社債とは、債券を発行して、広く一般の投資家等から長期の資金を調達する方法であり、将来の返済義務を伴うことから、借入金と同様、負債の一つとされています。借入金は、通常、一対一の関係で借入れ契約を取り交わします。それに対し、社債は、不特定多数の投資家に向けて社債を発行するという側面があるため、多数の債権者を画一的に相手にする、という点で、借入金のような一対一の取引(相対取引ともいいます)と異なります。


無料メールセミナー


■すでに3000人以上が受講!


« 売掛金と受取手形の違い | 簿記会計教えてネット | 収益認識基準 »