簿記会計TOP > 経営> 取締役と監査役

取締役と監査役

質問で~す。

取締役と監査役の役割を教えてください。


それはですね~

取締役とは、株主総会の決議によって選任され、経営の委任を受けた者のことです。取締役は代表取締役に対して、代表して行ってもらう行為の内容を合議制により決定し、その執行を委任します。日本の場合、取締役は代表取締役の職務執行について監視するとともに、経営について委任を受けてその意思決定を行う立場にもあります。いっぽう、監査役とは、株主から委任を受けて、取締役の職務執行状況について業務監査を行い、さらに会社の業績について会計監査も行う役員のことです。株主総会で選任されます。なお、株主から取締役に対して訴訟の要請があった場合には、監査役が会社を代表して取締役に対する訴訟を行うことになります。


無料メールセミナー


■すでに3000人以上が受講!


« CEO | 簿記会計教えてネット | 取締役と代表取締役 »