簿記会計TOP > 資格検定> 公認会計士と税理士

公認会計士と税理士

質問で~す。

さいきん、公認会計士という資格があることを知りました。
税理士と公認会計士は、どこがちがうのですか?


それはですね~

税理士は、「税金の実務に関する専門家」です。また、法律的にも、「個人または法人を代理して、税務署に対して確定申告書の提出を手伝ってあげたり、税務調査のさいに、個人・法人のために交渉人の役割を買って出る」ことができます。税務実務のエキスパートですね。これに対し、公認会計士は、税務ももちろんやりますが、すべての公認会計士が、税理士のように専任して税金の実務を行うわけではありません。どちらかというと、上場企業のような大規模の会社の経理をチェックし、外部の専門家として、その会社の経理が正しく行われることを『証明』する専門家です。『会計監査』と言う言葉をきいたことがあるかもしれませんね。公認会計士と税理士は、どちらも会計の専門家ですが、そのフィールドがちょっとちがうのです。


無料メールセミナー


■すでに3000人以上が受講!


« 税率40% | 簿記会計教えてネット | 簿記と会計 »