簿記会計TOP > 会計処理> 交際費

交際費

質問で~す。

うちの会社では、何か営業上の支出や、外で会議を行ったりするさいに、経理の人がいつも「交際費にならないように注意して!」といってきます。
交際費であろうと、広告費であろうと、交通費であろうと、費用に換わりはないと思うのですが、なぜ、経理担当や税理士は、交際費になるかどうかをとても気にするのでしょうか?


それはですね~

会社の規模によっては、交際費にも税金がかかるからです。
比較的小さい規模の会社なら、一定額まではほとんどが、税金計算上も経費として認めてくれます。
しかし、あまり無制限に交際費を認めてしまうと、「本来は飲み食いのお金であることが多い交際費」について、従業員が各自のお財布から払うべき飲食費なども、会社の経費で落としちゃう、なんていう浪費行為もまかり通るかもしれません。
それでは、経理が健全にならないので、交際費にかぎっては、他の必要経費とは異なり、その全部または一部を、税金計算上の費用とは認めないため、経理担当者や顧問税理士は、交際費になるかどうかに、神経質になるのです。


無料メールセミナー


■すでに3000人以上が受講!


« 円高と景気 | 簿記会計教えてネット | 税率40% »